ホーム > 用語集 > パーライト(pearlite)

パーライト(pearlite)

パーライトとは、鋼の組織の一種であり、Fe-C状態図において、C=0.77[質量%]におけるオーステナイト領域から温度727℃以下へと徐冷した時に生ずる共析組織である。光沢が真珠(パール)に似ているため、パーライトと称される。組織全てがパーライトのみで出来た鋼を共析鋼(きょうせきこう)という。

共析反応によってできた層状の組織で、非常に薄い板状のフェライトとセメンタイトが交互に並んでいる。その厚さは冷却速度が速いほど薄くなる。また、冷却速度が極めて速いと、マルテンサイトや残留オーステナイトとなる。

なお、亜共析鋼では初析フェライトとパーライトが混じった組織となり、過共析鋼では初析セメンタイトとパーライトが混じった組織となる。